欲の無い我が子にガツガツしたところが欲しい!

匿名メッセージサービス「マシュマロ」に質問が続いてます。そりゃあ私が募集してます!って書いてるから送っていただいているんですけどね。

こんな質問届いてました↓

あれ、うちの塾生保護者です。お世話になっております。

あえてここで書いていただいたので、ここでお返事を。

これまでのマシュマロのお返事と違うのは、質問に書かれた生徒のことを実際に私が知っている部分です。

それを承知でお書きいただいているでしょうから、具体的事実交えてお答えしますね。

誕生日やクリスマスが要らないとか、悔しいと思ったことが無いとか、彼らしいですね。

そして平和な日本を象徴していますね。心身ともに満たされているということですから。

「日々穏やかに過ごせている」という風に捉えれば素敵なことですけどね。塾では人当りよく穏やかに楽し気に過ごしてくれていますよ。

親し気に何でも話してくれる彼ですから、昨年の担当講師とは親しくなってましたね。そういう部分は才能だと思います。

学校の担任に出す日誌に「今日は彼女と遊んで楽しかった」なんてことを書いて、お母様に彼女の存在がバレたなんてエピソードは彼の才能の一端を垣間見れるものですよね。(この話をまた塾でもしてくれるのがオモロイですw)

誰とでも親しく出来る感じ、将来食いっぱぐれることは無いんだろうなと感心します。

とはいえ、お母様からしたら「もっと何かを求めてガムシャラに頑張る場面あってもよくない?」ということですよね。少し考えてみましょうか。

まずもって、お母様も欲が無かったとのこと。これは大チャンスですよね。欲が無い人のお手本が身近にいるわけですから(^^)

お母様はいつかのタイミングで欲は出たでしょうか?出たならばどんな取り組みをしたときでしょうか?  

彼に通用するかわかりませんが、それがいい例になりそうですよね。お母様も今まで強い欲が出たことが無いとなると、それはそれが答かもしれません(+_+)

ご自身の経験を元に仕掛けてみてください。

ちょっと欲を出させてみようとなると、満たされた生活に制限をかけて意図的に気持ちを渇かしてみたらどうでしょうか。

事情を話してサッカーやうちの塾や習い事を全て1か月ほど止めてみるのです。スマホも強めに制限かけましょうか。お小遣いも減らしましょうw

不便な生活に気持ちが渇いてきて「もっと〇〇したい!」なんて風に思惑通りなりませんかね?(´▽`)

何もかも満たされているからこその穏やかな日々です。意図的に不便な環境をプレゼント作戦です。ファスティングみたいな感じでしょうか(笑)

ここまでしてみても、「これはこれで」とかいって、動じず穏やかに過ごしてそうなイメージも湧きますが(+_+)

内から湧き上がる「〇〇したい」という気持ちを燃料に勉強に向かってもらうことは理想です。

「サッカー強豪校のあの高校に進学したい!」とか「定期券欲しいから名古屋市内の高校に進学したい!」みたいな動機であっても。

いつ彼の心に「〇〇したい」という気持ちが沸き上がるかはわかりません。この先湧き上がらないかもしれません。

が、その日が来ることを想定して、その時に本人が迅速に行動できるように、努力の練習を積ませてあげたいですね。

本人にその気が薄くても背中を押し続けてあげましょう。「あの時背中を押し続けてくれてて助かったわ!」なんて日が来ることを信じて。

お母様の今までの体験を参考に、欲を引き出すために押したり引いたりしながら、引き続き応援してあげてください。

書いていて思い出したエピソードあります。

メキシコの漁師とビジネスマンの小話です。こちらのサイトから引用してます。

ビジネスマン:やあ、すばらしいマグロだね。このマグロを釣り上げるまでどれくらいの時間、漁をしていたの?」

漁師:「そんなに長い時間じゃないよ」

ビジネスマン:「へぇ、君は魚釣りが得意なようだね。せっかくならもっと働いてみたらどうだい?」

漁師:「自分の家族が食べていくには、これで十分だよ」

ビジネスマン:「それじゃあ、釣りをする以外の余った時間はなにをして過ごすんだい?」

漁師:「ゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタ(長い昼休憩)して。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌を唄って・・・あぁ、これでもう一日終わりだね」

ビジネスマン:「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。いいかい、君は毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。部下を雇ってもっと売り上げが大きくなったらもっといい船も買おう。」

ビジネスマン:「そして、仲介人に魚を売るのはやめて自前の水産品加工工場を建てて、ビジネスを大きくする。その頃には、この村を出てロサンゼルス、ニューヨークへと次々に進出することができる。君はマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ。そうすれば老後もお金ができるよ」

漁師:「実現するまでには、どれくらいの時間がかかるんだい?」

ビジネスマン:「そうだな、おそらく15〜20年といったところかな」

漁師:「なるほど、その後はどうなるんだい?」

ビジネスマン:「そしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌を唄って過ごすんだ。 どうだい?すばらしいだろう?」

漁師:「そんな生活なら、すでに手に入れているじゃないか」

彼はメキシコ漁師なのかもしれませんね(´▽`)

とはいえ前提としてマグロが釣れるぐらいのスキルは必要ですけどね。頑張ってもらいましょう!

以上です。

本当は彼の面白いエピソードはもう少しあるんですけどね。何の記事かわからなくなるので自重します。

思いがけず塾生保護者からいただいた質問にお答えしてみました。

欲の薄い子を持つご家庭の参考になると良いです。

今日はこのへんで。

それでは。

定期テストを頑張りたい全ての中学生へ!発売1カ月で重版出来!↓

全ての中学生へ!おかげさまで2万部突破!10刷重版出来中!↓

高校入試を検討し始めたらこちら!2刷重版出来中!↓

勉強のキホンを小学生高学年へ向けて書いてます!3刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

塾の先生向けに教室掲示物等もBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする