桂宮治は20年後に笑点の司会になる男!!

OFFです。余談を。

林家三平が笑点を卒業するというニュースが出てからしばらく、衝撃のニュースが入ってきました。

「笑点」新メンバーは桂宮治 年収1000万セールスマンから転身 29年ぶり抜てき真打昇進の超実力派

 日本テレビの国民的人気番組「笑点」の元日特番「お正月だよ!大喜利まつり」(土曜後3・00)が1日放送され、新メンバーに桂宮治(45)が加入することが発表された。新メンバーが加わるのは5年7カ月ぶり

おおお!宮治キターッ!!( ゚Д゚)

ちょうど実力派若手と対決といった企画で少し前の笑点に宮治が出演していたんですよね。

そこで三平は引導を渡される展開に。宮治はキッチリ爪痕を残す展開に。

あの放送から今回の展開は予告がなされていたような形となりましたね。

桂宮治公式サイト | TOPページ

あれ、もしかして置いていかれていますか?

「桂宮治」って誰やねん?って感じですか?(^^;

わかります。私も2年前までそうでした。

桂宮治を知ったのは同業の遠藤先生@ひかり塾のSNS投稿でした。落語にハマっていた遠藤先生がこんな表現で紹介をしていたのです。

「先々爆笑王になる落語家」と( ゚Д゚)

このフレーズが脳裏にこびりつき、この名前を絶対に覚えておこうとその時に思ったことを覚えています。

その後、私も遠藤先生に教えてもらって落語にハマっていき、桂宮治を寄席に出ていた時に初めて見たのですが‥

なるほど、確かに。これは人気者になる器だわ。爆笑王の名にふさわしい。

落語の世界では落語の美味い下手とは別に、その人そのものの面白みのことを「フラ」というのですが、宮治は「フラ」が凄い。

圧倒的な魅力的な人間味で周りの人をどんどん巻き込んでファンにしていく感じです。私も例に漏れず、最初の高座からしっかりファンに。

前職がTOPセールスマンであったというのが頷けます。

昨年真打に昇進しましたが、真打になる前の「成金」というユニットで神田伯山たちと一緒に活躍をしていた人です。

寄席ではとっくに有名人。寄席に通う人たちからしたら「待ってました!」てな感じじゃないかと。

宮治の人柄知りませんが、人柄がしっかりしていて健康だったら将来の笑点の司会確定かと。正解は20年後ですけどね(´▽`)

笑点の司会はこの後に昇太からたい平へ。そして20年後に宮治。この流れでしょう。2042年に「本当だった」とつぶやいてください(^^)/

(キャラ的には林家こん平に近いので、ガヤとして出続ける線もありそうw)

よく急に人気が出てきたアーティストを昔から知ってたことをアピールする奴いるじゃないですか。

今回の記事はあれです。あれあれ(´▽`)

そんなわけで笑点新メンバーの桂宮治、これから国民的な人気を得ていく落語家です。

楽しみにしていただき、令和の爆笑王を可愛がってやってください(^^)/

ばちばちの余談でお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5000部突破!8刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加</

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万5千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする