【愛知県公立入試改革】一般入試の面接は各高校が実施するかを決める!

2023年度から愛知県公立高校入試は新たなシステムで行われます。

そんな内容を一昨日から書いてます。大きな変更なんですよね。

先日決まった愛知県公立高校入試の改革について、もう少し細かく見て行けたらと思います。数日前に速報のようにお伝えしましたね。まず改革...
昨日に引き続いて2023年度入試より実施される愛知県公立高校入試改革の中身についてみていきます。まず愛知県教育委員会から発表されて...

今日はそのラストです。内容はこちら。

一般入試の面接は各高校の裁量で実施するかを決定する!

というものです。

これはいい決定ですね。というのも、愛知県の公立入試の面接は、現在実質飾りみたいになっているんですよね。

愛知では面接の点数が明確にされておらず、入試実施要項にも面接は参考にするといった程度の記述です。

実際、面接が酷かったから落ちたなんて話は過去20年以上聞いたことがありません。

定員割れの高校では全員合格が基本です。(極々まれに不合格者出ますが、特殊な例かと思われます)

このように、愛知の公立高校入試の面接ってほぼほぼ飾りであることが見て取れるのです。このことに気が付いてから塾での面接対策はしなくなりました。

ここから面接の実施が各高校の裁量になるとどうなるか?

私は上位校は実施をせず。中下位校で実施される流れになると予想します。

たとえば北海道。北海道は面接が各高校の裁量みたいなんですよね。実施する高校の一覧を見てみたら・・・

私でもわかるようなTOP校、「札幌南」のような高校たちが面接をしていないことが見て取れます。

上位校は爽やかに実力一本で合否を決める。人柄の良さで実力が足りない状況で入ってしまっても、上位校って苦労してしまいますからね。

北海道の状況を見ても上位校は面接を実施しないだろうと想像します。

勝手に想像を膨らませますよ。名鉄犬山線沿線の公立高校を偏差値順に並べてみて、面接実施の有無を予想します。

一宮→なし

西春→なし

江南→なし

一宮南→なし

尾北→なし

岩倉総合→面接あり

小牧→面接あり

犬山→面接あり

一宮工業→面接あり

古知野→面接あり

犬山南→面接あり

実施はこんなラインじゃないでしょうか。

私の考えた目安は「入試の当日点重視の高校は面接をしない」というものです。

来年の秋ごろには決定しているんじゃないでしょうかね?また発表を待ちたいと思います。

3回に渡って公立入試改革の中身についてお送りしてきました。

まだ未確定の「特色化選抜」が残ってますからね。これは2023年実施は見送られる可能性高いですが、また新たに情報入ったらご報告しますね。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで1万部突破!5刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする