中学1年生最初の定期テストは平均点が高いものですか?

今日も今日とてマシュマロが投げ込まれております。匿名メッセージサービスです。

なるほどなるほど。

450点近くとはよく頑張りましたね。平均が400点近くということは、1教科あたり平均+10点ほどとれたと。

デビュー戦としては良いスタートが切れたのではないでしょうか。私はそう思いますよ。

で、頂いた質問の部分に関してです。

「定期テストで平均点が80点近くというのは、よくあるのでしょうか?」

という質問でした。そして、

「たまたまなのか?とてもよくできる学年なのか?このままを続けていいのか?目標校の設定から考え直した方がいいのか?どう判断していいかわかりません」と。

様子を知りたいとのことでしたね。

まずは最初の平均80点の件について。

昔から中学1年生の1学期中間テストは高得点となりやすいものです。

出題内容が基礎の基礎で簡単であること、1回目で子供たちも気合を入れて勉強することなんかが理由ですかね。

このへんは学校や学年主任の方針もあるのかもしれません。

定期テストデビュー戦は、多くの子たちに自信をつけて欲しいという意図が働いているのかもしれませんね。

が、しかし、ここ最近はこういった傾向は無くなってきているように感じています。英語なんかは如実ですね。

以前は英語は指導内容も簡単だったので、90点越えは当たり前、100点もバンバン出てしまうのが中1の1学期中間テストでしたよね。

これが、小学校から英語を学ぶようになってからか、中1の1学期中間テストも難しくなり、差が出るようになりました。平均も下がりました。

どの教科も最初は簡単にして出題するような傾向は無くなってきていると思います。

実際の例を挙げますね。

今からご紹介するのは、つい先日(2022年5月)の岩倉市と小牧市と一宮市にある某中学3校で、中学1年1学期中間テストの実際の平均点です。

  国語 社会 数学 理科 英語
A中学 66.5 63.0 65.4 75.2 73.0
B中学 61.5 59.6 69.4 74.8 65.7
C中学 60.1 65.4 65.2 72.3 76.9

こんな感じですね。

よって、教えていただいた平均点が80点付近という状況は、現在は珍しいと思います。

その高い平均点になった理由は、

「意識高く頑張る生徒がとても多いレベルの高い中学だから」

「中学側が最初のテストを意図的に簡単に作ったから」

のどちらか。またはその両方じゃないかと私は考えます。

さてさて、質問の後半部分、「このままを続けていいのか?」「目標校の設定から考え直した方がいいのか?」についてですが……

塾無しでやれるかどうかが見えてきますから、まずは続けてみてください。当たり前のことを当たり前に書いてあるだけです。(平均はここから下がってくるはずです)

これで思うように結果が出せないときは、苦手教科などに関して塾とかの力を借りることも検討を。

今回はどうでしょう?学校のワークは繰り返し演習をすることで正答率何割まで高めることが出来たでしょうか?

最上位校を目指したければ、少なからず学校のワークは9割5分以上の正答率で仕上げられないと難しいと思います。

あとおススメは、模試を受験してみることです。都道府県内で最大規模の模試を受験して、中学の外ではどれぐらい力があるのかを見るのです。

今回のテストが特殊だったのか、この学年が特殊なのか、中学全体が特殊なのか、外に出て見て見えて来るかもしれませんよね。

目標校に関しても、数回の定期テストと模試の結果を見ながら、検討すると良いと思いますよ。

1回目の定期テスト結果出る前からの目標校は、それが妥当かどうかの判断が出来る数値が出る前の希望ですよね?

模試とここからの定期テストの結果とを踏まえて、目標校についても本人と話してみてください。

性格にもよりますが、目標校は高すぎても気持ちは弱まりますし、低すぎても気持ちは弱まります。

「先々頑張って幸せに生きていって欲しいから」とか、保護者の高い希望を押し付けぬよう気を付けてくださいね(´▽`)

以上です。

手厳しいことも書きましたが、最初の感想の通り、デビュー戦としては素晴らしいスタートを切っています。

ここから改善すべきところを改善していって、さらに上を目指せると良いですよね。

この相談をお送りいただいた保護者の方は、間違いなくお子さんのこと大好きでしょう。

ここから上手く本人へのサポートを減らしていくことを忘れないように気を付けてくださいね。中学卒業までに一人でやれるようになるのが着地ですから(^^)

以上です。

参考にしてもらえるといいです。

今日はこのへんで。

それでは。

質問はこちらから↓

全ての中学生へ!おかげさまで1万8千部突破!9刷重版出来中!↓

高校入試を検討し始めたらこちら!2刷重版出来中!↓

勉強のキホンを小学生高学年へ向けて書いてます!3刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

塾の先生向けに教室掲示物等もBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする